haraのブログ

だらだら書いているブログですという説明

首都圏外郭放水路行ってきた

一部の人達に神殿と呼ばれている首都圏外郭法水路の特別見学会が16,17日に開催されていたのを見つけたので思いつきで行ってきました。今回はポンプとプロペラ?も公開されているとか。
首都圏外郭放水路 - Wikipedia
春日部駅から2,3駅隣にあり、駅からシャトルバスが運行されていて片道100円。時間帯だと思うけれどバスと入場におのおの20分ぐらい行列を並ぶことに。
首都圏外郭法水路自体は無料で入れます。
地上施設は撮りわれすれたのでいきなり地下です。
下りた階段

下りた階段

ちなみに100段ぐらいあるとか、降りるときはテンションが高いので気にならなかったけれど帰り道に実感できました。
で、どーん!

どーん

どーん

どーん

第一立坑どーん

どーん!

イメージとしては排出側から入場して流入側から退場するイメージでした。
そして最後に地上に出て回り込んでポンプ室。

説明員の方がいうには台風が来てこの施設が機能したとしても2台もあれば排出が間に合うとのことで、バックアップやメンテナンスとして4台体制になっているとのこと。3号機ほかの周りに配置されているりんご飴みたいな奴は気体による消化装置だそうです。
ポンプなので吸い上げる仕組みなんですが、どうやって貯水しているいわゆる神殿部分を空にできるのかも聞いてみたのですが、立抗側にもう一箇所ポンプ施設があり、そちらの方が水位を低くできるため神殿部分をきれいにする際にはそちらを使うとの事でした。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。